占いの種類 / 占いスペシャル


霊感・霊視

霊感占いとは、宿命の占いではありません。
恋愛、相性、不倫、浮気、仕事、人間関係などの今の悩みを解決する事ができる占いです。


タロット

「タロット」という名称は、直接にはこのカードを意味するフランス語・英語の「Tarot」に由来するが、フランス語・英語では語尾の t を発音せず「タロー」の様に発音する。因みにイタリア語ではタロッコ (Tarocco) 、ドイツ語ではタロック (Tarock) となっている。日本では、一般的に語尾の t を発音し「タロット」と呼称している。
タロットカードを指す言葉として「タロット」という呼称が定着するまでは、ラテン語の「トライアンフ(Triumph)」が使用されていた。このトライアンフは「切り札」を意味する「トランプ」の語源として考えられているものの、「タロット」自体の語源については現存する資料・文献の希薄性等の理由により、未だ謎のままである。


四柱推命

四柱推命は生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量るものである。それぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という。そのため、生まれた時間が分からないと三柱となってしまい、確度が落ちる。それぞれの柱にくる十干を天干といい、十二支を地支という。さらに、年柱の天干は年干(年柱天干というときもある)、月柱の地支は月支といった呼び方をするうようにいう。日干を核として、他の天干、地支が日干にたいしてどういう働きをするのかを見ていく。


占星術

占星術(せんせいじゅつ)または占星学(せんせいがく)は、太陽系内の太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きなどと人間・社会のあり方を経験的に結びつけて占う技術(占い)。古代バビロニアを発祥とするとされ、ギリシア・インド・アラブ・ヨーロッパで発展した西洋占星術・インド占星術と、中国など東アジアで発展した東洋占星術に大別することができる。


九星気学

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。九星術を元に明治42年に園田真次郎が気学としてまとめたもので、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。生年月日によって定まる九星と十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星という。
九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっており、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占う。


風水

風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。「堪輿(かんよ)」ともいう。風水では都市や住居(すなわち生者の居住空間)を「陽宅(ようたく)」、墳墓(すなわち死者の居住空間)を「陰宅(いんたく)」と呼んで区別している。そのよろしきを得れば、死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するという。


易学(八卦)

宇宙の真理に包まれた万物の象徴として風水分析の基盤になっています。快適な生活空間を構築し、健康を維持するのが本来の目的です。


姓名判断

姓名判断(せいめいはんだん)とは、人の姓名からその人の性格や人生の趨勢、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気など、一般に運勢として総称される事柄について解釈を与える占いの手法の一つ。
一般的に、人の姓名の字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて解釈を行う。また、生年月日(人物の持つ本来の性質・役割)と、姓名の陰陽二気(身体的調和)、および姓名が発音されるときの音を五行に対応させた際の調和、八卦・九星などの数理との関係、姓名を文として解釈するところの意味などを考慮して、総合的な鑑定を示すことが多い。


前世鑑定

前世鑑定は 現在の出来事や未来が気になる方へおすすめ
今抱えている問題の原因 さらにその問題解決の糸口は前世の因果因縁にある。
自分がどんな宿命を担い何者であったかを知ることで 今の自分を知ることに繋がる。
前世魂を降霊して 前世の因果因縁を 読み解いて メッセージを伝える。
大切なことは 前世と今の自分との結びつきに「気付く」 真の心を芽生えさせること。
潜在意識や潜在能力の開発にもなる。


スピリチュアル

生年月日や本名などの個人データをほとんど使わず、占い師の霊感(インスピレーションやひらめきを含む)だけで行う占いです。
占い方は人によって様々で、守護霊、前世、オーラ、霊魂、精霊、神のお告げ、チャネリングなどを使ってメッセージを届けます。霊感と他の占術を組み合わせて行うこともあり、占い師個人の能力・技量に依存する部分が非常に大きいのが特徴。


霊感占い

生年月日や本名などの個人データをほとんど使わず、占い師の霊感(インスピレーションやひらめきを含む)だけで行う占いです。
占い方は人によって様々で、守護霊、前世、オーラ、霊魂、精霊、神のお告げ、チャネリングなどを使ってメッセージを届けます。霊感と他の占術を組み合わせて行うこともあり、占い師個人の能力・技量に依存する部分が非常に大きいのが特徴。


算命学

歴史は古く、中国王朝時代までさかのぼり、四柱推命・風水・前世鑑定・九星気学は主に算命学から枝分かれしたものとされる。
習得するのにはかなりの修行時間を費やす為熟練した技術を持つ占い師さんに鑑定をして頂けます。


墓相・家相占い

この世の形のあるものに相のないものはありません。家には家の形「家相」が、お墓にはお墓の形、すなわち「墓相」があります 。
墓相の悪いものを避けて災いを回避し、吉相の墓に整えます。また先祖供養は、ご先祖様への報恩感謝であり、感謝の心を形にしてお墓を設計し、感謝して祭祀します。
また、良い家相とは住む人を病気にさせない住宅建築の知恵であり、方位の良いエネルギーを家(住宅)というフィルターを通し、方位の良いエネルギーを家相で設計活用し、私たちの健康な人生により良い作用を与えることです。


手相

手相について、古くは聖書などで、手の印についての記述があります。
手の平に刻まれた線、指の長さや爪の形を見ることにより、その人物の個性、才能、人望、適職、生命力、健康状態の良否を判断する占いの一種です。
手相の読み方は、非常にシンプルで、手の持ち主のことをとてもよく知ることができます。しかし、どれ一つとして同じ手相はありませんので、すべてをパターン化することは不可能とされています。


西洋占星術

今から300年ほど前には、時計もカレンダーも一般的ではありませんでした。西洋占星術はその昔、誕生時間が要りませんでした。つまり、それが基礎です。その基礎から、西洋占星術を教えています。


天霊術

中国において習得してきたもので遠隔や透視、病気平癒など。


東洋占星術

中国など東アジアで発展した占星術の総称。
四柱推命・ 六星占術・九星気学なども含まれる。
古代中国の十干十二支や陰陽、などを起源としている。


Copyright © 2008-2011 SPREAD Inc. ALL Rights Reserved.

※当サイトに掲載されている記事・写真など全ての内容につきまして無断転載・転用・複製を固くお断りいたします。